読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつも猫にご挨拶を。

こんな姿勢で生きるのよ。

Cats 大阪四季劇場

観劇してきました。

Cats。

3ヵ月ぶりー!

S席でしたが、2階席E列の下手側。

通路側から3番目。

タガーの定位置がちょっと見づらい感じでした。

このお席は、ちょっと遠いぞ、と思ったのですが、意外と舞台全体が上から見渡せ、猫たちの表情もよくわかって、とても素敵なお席でした。

群舞も猫たちの立ち位置がよくわかるし、とっても見やすかった。

問題は、やっぱタガーの定位置が見づらいくらいかな。

2階通路に出てくる猫さんたちの出入り口真正面で、すっごくよく見えるのです。

バストファージョーンズさんとか、1階客席から登場する猫さんたちは見えないところもあるし、タガー席も全然見えないので、今日はどこのお嬢さんが連れ去られたのか、未確認。

でも、やっぱりサラサラロングヘアでした、ふふ。

なんと今日は、スキンブルが塚田さんじゃなかったのです。

本日のキャスト。

マンカス加藤さん、タガー大嶺さん、デュトさま飯田さん。

安定の素敵な歌声。

ミストフェリーズの氷野さんは私はお初。

でも素敵なマジシャンでした。

そしてスキンブルが、塚田さんではなかったのです。

カイサー タティクさん。

やや線が細くて、若いスキンブル。

すこーし繊細な感じ。

塚田さんの歌のお兄さんみたいな朗らかで朗々と歌いあげる歌声ともまた違って、おやっと思いましたが、これも新鮮で良い、と思いました。

 

f:id:tohokos:20170322212019p:plain

目チカは暗くてわかんないけど雄猫さん。

にらめっこはなんと、スキンブルと、猫の名前を唱えながら、タガーが横を通っていったよ!

だけどにらめっこ立ち位置は、やっぱり中央2本の通路のほうなんですねー。

なかなか止まってくれません。

ミストナンバーの御三家ジャンプの時は、ギルバートも来てくれました。

見慣れて来ると、顔で見分けられるようになりますね。

毛並みもなんだけど、色は、わりとライトの加減で分かりづらくなるのです。

今日もとっても楽しかったです。

ガスに泣き、デュトさまのお話を背筋を伸ばして聴いているうちに、やっぱり泣けて来ました。

明日からもがんばろう、っと思って。

最後、アンコールの前に、スキンブルとタンブルブルータスが来てくれました。

吉岡さんのタンブルブルータスはとっても線が細いのねー。

スキンブルと握手できて幸せでした!

アンコールは、わりと今日はあっさり目です。

3回くらいかな。

やっぱり最後はタガー締めでした。

また来月、行きます!

それまで、これを励みに毎日がんばるよー。

 

 

美女と野獣

劇団四季京都公演、美女と野獣行ってきました。

5月に千秋楽が決まっているので、席もなかなか取りづらくて、S席ではありましたが後方の端っこ。

でも楽しかったです。

見所はやっぱイリュージョン。

ビーストが王子に変わる瞬間は、やっぱ仕掛けは分かりませんね。

f:id:tohokos:20170201095810j:plain

ビースト佐野さん、ベル苫田さん。

主演のお二人もさることながら、金久さんのガストンの、アメリカンマッチョなヒールっぷりが素敵でした。

拍手を送りたい気持ちでいっぱいだったんだけど、後方からパチパチしづらくて…ごめんなさい。

ディズニーの悪役っぽい感じが良く出てて。

Be Our Guestがすっごく楽しかった!

男性コーラスのケーキサーバーさんがカッコ良かった。

 

ビーストに感情移入するまでに時間がかかるのは、やっぱり後方で表情が分かりづらいからかも。

ディズニーアニメの美女と野獣は、野獣ながらも、彼の切ない表情がとってもよく分かるのです。

でも、ビーストメイクのおかげで表情が動きづらく、後方からだと、またその表情は分かりづらい。

中盤までは、恋する二人よりも、ミセスポットやコックスワースの歌声のほうが、心に響いてました。

ベルが本への喜びを歌いあげるシーンは大好きでした。

 

 

えー、映画化。

Cats、なんと長編映画化が決まってたんですね。

名作ミュージカル「キャッツ」を「レミゼ」トム・フーパー監督が映画化[映画.com ニュース]

うーん、いろいろ商業的に繋がってるなー。

楽しみなような、不安なような。

 

UK版タガー

John Partridge。

UK版のDVDでラムタムタガーを演じている俳優さん。

声がとても好きです。

四季のタガーよりセクシー感倍増なのですが、今大阪公演でタガーを演じられている大嶺巧さんのタガーは、John Partridgeのタガーにかぶります。

タガーナンバーで登場したときのMeowもだし。

声の質もちょっと似てる感じ。

wikiによると、1971年7月24日生まれ。

自分より若いのにびっくりしてしまったー。

きっと今はもっとご年配、と思ってたからですね。

Catsに出演するために、16歳で大学を中退。

17歳からタガーを演じているのですね。

そもそも、始まりが若かったんですね。

DVDのクレジットによると1981年のロンドン初演時のオリジナルキャスト、とあるけれど、それは多分エレン・ペイジだけかな。

DVDの制作は1998年ということだし、(エレイン・ペイジ - Wikipedia)1998年時のタガーが彼だったんでしょうね。

ジョン・パートリッジは1971年生まれじゃあ、10歳じゃん。計算があわない。

若くて尖ってて、セクシーなタガーはやっぱ、若い役者さんが似合うと思う。

と、UK版のロングランキャストのCDを聴きながら思ってしまいました。

聞きくらべると、好みがやっぱり出ますね。

いろんなキャストを見て見たいと、あらためて思いました。

加藤さんマンカスとっても素敵なのだけれど、次回行った時に別のキャストさんだったらショックだろうなと思いつつ、でもそれもありかな~と思う今日この頃。

 

 

 

 

UK版のDVD買いました。

DVDを買いました。

 速攻見て号泣。

四季CATSと違うところはたくさんあったけれど、また違った魅力もあり、大人向けで、とにかくセクシーでした。

そしてデュトさまの歌声の素晴らしさ。

第一印象はトトロ。

けれども、Ad-Dressing of Cats Lyricsを聴きながら、気が付いたら号泣してしまいましたよ。

なんと、ジェミマは、サラ・ブライトマンなんですね。

1998年の映像なので、めちゃめちゃ若かった。

でも、アップで一目で分かりました。

猫メイクしているにもかかわらず。

どこまでも澄んだ、ピュアで美しい瞳と、歌声でした。

やっぱり日本語版のCDも買おうかな…

 

そもそも日本語は、俳句からもわかるように、短い言葉に様々な意味を込め、くみ取るのが文化の言語。

英語は、もっと饒舌な言語。

韻を踏んだり言葉遊びも楽しくて、歌の味わいは全く違う。

けれども、どちらも違った良さがある。

けれども、本当に深くて、受けとる人それぞれに違うだろうそのテーマは、私に関しては、UK版と四季CATS、同じものを受けとりました。

ブロードウェイ版も見たいな。

欲望が広がります。

 

CATSに出会ってしまいました。

ミュージカルといえば、古い洋画で見たサウンド・オブ・ミュージックとか、ウエストサイドストーリーとかだけだった私。

田舎育ちだったので、そもそも生で劇場に足を運んで御芝居などに触れる習慣なく育ってしまったのです。

11月の終わり頃、ご縁があって初めてCATSを観に行きました。

出会ってしまった感じですね。

 

速攻四季の会に入会し、キャンセル待ちでチケットを入手し、先日12月22日、2回目を観に行ってきました。

1回目は団体さんでA席だったので、2階席E7ブロックの前方でした。

(にらめっこにやってきてくれたのは、今思えばスキンブルシャンクスだったと思う)

2回目は、S1席後方

でも通路際!!!!!

C4ブロック(四季予約サイトの座席ブロック図参照)最後列の通路際です。

握手とにらめっこの参考になれば。

猫たちが身近で身近で。

暗くて、目チカでやってきた猫さんが誰か見分けられなかったのが痛恨でしたが、ディミータとにらめっこして、あまりの迫力と美しさに目をそらしてしまいました。

文永さんマキャヴィティと、連れ去られる引きつった顔の飯田さんデュトさまは真横を走って行き、後を追って走って行く加藤さんマンカストラップの、はあ、っていう大きな息づかいが聞こえた時にはきゅーんとなりました。

アンコールでは藤岡さんカッサンドラが近くにやってきて、なんて華奢で美しいんだろうと見とれました。

そしてなんと、一色さんミストフェリーズと握手!!

すごく優しい顔で握手してくださいましたよ。

また観に行きたい。

毎日でも行きたい。

でもそれは無理なので、UK版CATSのアルバムを聴いております。

UK版にはUK版の魅力がたっぷりで、そっちにもハマりそう…。

UK版は、amazonでDVDが1000円を切っている!

思わず買ってしまいました。

プライムなので今日到着の予定。

次は3月のチケットがとれてるので、それを励みに毎日がんばります。

が、キャンセル待ちでお席が取れたら、迷わず行っちゃおうと思います。

1月末は美女と野獣京都劇場に観に行きます~。

楽しみ~。

観に行ったらまた感想をアップしますね。