読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつも猫にご挨拶を。

こんな姿勢で生きるのよ。

美女と野獣

劇団四季京都公演、美女と野獣行ってきました。

5月に千秋楽が決まっているので、席もなかなか取りづらくて、S席ではありましたが後方の端っこ。

でも楽しかったです。

見所はやっぱイリュージョン。

ビーストが王子に変わる瞬間は、やっぱ仕掛けは分かりませんね。

f:id:tohokos:20170201095810j:plain

ビースト佐野さん、ベル苫田さん。

主演のお二人もさることながら、金久さんのガストンの、アメリカンマッチョなヒールっぷりが素敵でした。

拍手を送りたい気持ちでいっぱいだったんだけど、後方からパチパチしづらくて…ごめんなさい。

ディズニーの悪役っぽい感じが良く出てて。

Be Our Guestがすっごく楽しかった!

男性コーラスのケーキサーバーさんがカッコ良かった。

 

ビーストに感情移入するまでに時間がかかるのは、やっぱり後方で表情が分かりづらいからかも。

ディズニーアニメの美女と野獣は、野獣ながらも、彼の切ない表情がとってもよく分かるのです。

でも、ビーストメイクのおかげで表情が動きづらく、後方からだと、またその表情は分かりづらい。

中盤までは、恋する二人よりも、ミセスポットやコックスワースの歌声のほうが、心に響いてました。

ベルが本への喜びを歌いあげるシーンは大好きでした。